Poorは貧乏という意味だけじゃなかった!




こんばんは!本日はサタデーナイト!夜更新です!今日も一言英語٩( ᐛ )و!
今日も映画【最後の恋のはじめ方】より恋愛コンサルタントのヒッチとデートを重ねるサラ。
恋愛のプロフェッショナルなはずなのにデートでことごとく失敗。
その話をサラが友人にした時に友人が言った一言!

Poor guy】(可哀想な人)
(※頑張ったのにデートがことごとく失敗したため)

ん?Poorって貧乏じゃない?と思いましたよね?
なんとネイティブたちはPoorを可哀想という意味で使ったりするんです!

Poor〜」(〜が可哀想)という意味になります!

また、〜が下手。という時には
I’m poor at singing】(歌うのが下手)
これはPoorの後にAtが必要です!

そして〜が下手な人。というのは
She is a poor singer】(彼女は歌うのが下手な人)
という感じになります!

一番使いやすいのは一番最初の【Poor〜】で【可哀想な〜】という感じですね!

是非簡単なところから英語に慣れていってください٩( ᐛ )و

秘書
Poor〜で可哀想な〜って使いやすすぎでしょ!

この記事が気に入ったら
「ViewCafe」にいいね ! しよう




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

秘書

英語を喋りたがらない社長に、優しくカンタンな英会話フレーズを毎日更 新するブログ。映画やドラマのワンシーンを、英語と和訳で説明して、それをもっとカンタンに表現した簡単英会話!!