蒸し暑い!と言いたい時に使える英語は?




おはようございます!今日はサンデーモーニング!朝更新です٩( ᐛ )و
本日も使える英語!サクッといきましょう!すっごく簡単ですよ!

今日はこのフレーズ!!「蒸し暑い

Muggy】(蒸し暑い!)

または【Humid】(湿気の多い)

この2つはどう違うかと言いますと、

  • 不愉快なほど湿気が多くてめちゃめちゃ暑い時は【Muggy

  • 気温の話をしている時に、湿気が多いね〜という時は【Humid

どうですか?この微妙なニュアンスの違い!
Muggy】の方はこのワード1つで意味が通じますので、使いやすいかもしれないですね٩( ᐛ )و
同じ意味でも何個もワードがあるので、この違いを覚えて区別して使えるといいかもしれないですね٩( ᐛ )و

これから梅雨の時期に入るので、このワード達が使えますね٩( ᐛ )و是非使ってみてください!
明日からはまた通常更新!お見逃しなく٩( ᐛ )و

秘書
これから梅雨の季節、髪が爆発しますよね。ヤーーーダーーー!!

この記事が気に入ったら
「ViewCafe」にいいね ! しよう




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

秘書

英語を喋りたがらない社長に、優しくカンタンな英会話フレーズを毎日更 新するブログ。映画やドラマのワンシーンを、英語と和訳で説明して、それをもっとカンタンに表現した簡単英会話!!